農薬散布できるドローンの価格と資格の取得方法について

ドローンの利用用途の一つとして農薬散布があります。

農薬散布ができるドローンのメリットは短時間で広い面積に農薬散布できる点です。

そこで、農業散布に対応したドローンについて調べてみました。

 

農薬散布できるドローン

農薬散布できるドローンはドローンシェアナンバー1のDJIが販売しているMG-1という機種になります。

 

自動航行システム

自動航行システムはドローンによる測量データを利用し、農薬散布用ドローンにて自動で農薬を散布する方法です。

ですので、測量用ドローンと農薬散布用のドローンが必要となります。

また、自動航行システムのメリットは複数台のドローンを同時に利用して農薬散布ができる点です。

複数台のドローンを利用することで広い面積を短時間で農薬散布ができます。

 

農薬散布ができるドローンの価格

DJIのMG-1の価格は180万円前後とされています。

MG-1はDJIの正規販売代理店を通じて購入できますが、購入する前に問い合わせが必要です。

また、取り寄せ商品となっており、すぐに購入できるドローンではありません。

ちなみにDJIの公式サイトでも取り扱っていないため、特殊なドローンとなっています。

自立航行システムを導入する場合には別途測量用のドローンも必要ですのでご注意ください。

 

資格の取得方法

農薬散布できるドローンの資格取得はDJIの正規販売代理店やドローン教習所などで行っています。

 

資格取得費用

農薬散布ができるドローンの操縦資格の取得コースは25万円となっています。

ちなみに、ドローンスクールジャパン野田校では、宿泊費や交通費負担のオリジナル特典があります。

遠方の方で農薬散布ができるドローンの資格を取得したい方はチェックしてみましょう!

 

特典をチェック⇒DSJ野田校オリジナル特典

 

取得にかかる期間

農薬散布ができるドローンの資格は5日間の講習が必要です。

3日間のコースもありますが、こちらは別途ドローンの飛行資格を持った方が利用できる経験者用のコースとなっています。

 

関連リンク

DJIの農薬散布ができるドローンの公式ページです。