ドローンラジコンを飛ばすときに注意したいのは風の無いときに飛ばしましょう。

当然といえば当然ですが、風があるとドローンが落下する危険性が高まります。

理由は、ドローンはある程度の風であれば姿勢を保つことができますが、強いかぜの場合には飛行体制を崩し、落下してしまいます。

また、風が吹いているとドローンが姿勢を保つためにバッテリーの消費が多くなり、バッテリー切れで落下するという危険性もあります。

このように、ドローンは風に弱いため、風がそれなりに吹いているときには飛ばすのはやめましょう。

大事などローンを破損するだけではなく、他人に迷惑をかける危険性もありますのでご注意ください。

 

風の影響まとめ

・ドローンが風から飛行体制を崩して落下する

・風の影響でバッテリーの消費から落下する

・風の日はドローンは危険!